FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ごぶさたしています。

あ~~広告って、ほんとうっとうしいですねー。
ここらでちょっと重い腰をあげて、ブログ更新しまーす。

素敵な本を読みました。
みんなに読んで読んでー!と勧めたくなる本。


So B. ItSo B. It
(2005/10/04)
Sarah Weeks



41,751語
★★★★★

12歳の少女 Heidi は、母と二人暮らし。
脳に障害のある母が話せるのは、たった23の言葉だけ。
隣に住む外出恐怖症のおばさんに助けてもらいながら、二人は生活している。

父親は名前すらわからない。
それどころか、母の過去も自分の誕生日も、どこで生まれたのかさえもわからない。

"Who am I?"
おかあさんにはどういうヒストリーがあるの?
わたしは誰なの?

そんな葛藤を抱えていたある日、Heidiは家で、真実を探る鍵になるものを見つける。
自分のルーツと、母の言葉の中でたった一つ意味のわからない"soof"の正体を求めて、Heidiは旅に出る。


audibleのナレーターが"Because of Winn-Dixie" の Cherry Jones さんだったので、聞き読みすることにしました。
audible音源はこちら

朗読が素晴らしかったこともあって、最初からぐっと引き込まれました。

主人公の Heidi がとてもいいんだなぁ。
勇気と行動力があって純粋、そしてとても賢い。

性格がストレートなので、こっちもドキドキハラハラ。Heidiと同じ気持ちになり真実を求めて、先へ先へとページを送る手が止まりません。

涙腺決壊ポイントというのがいくつかあるのですけど、最後はもう胸がきゅーんとなって、微笑みとともに涙が溢れてくるんです。

切なさと温かさと優しさがぎゅっと詰まった一冊。



読みながら、この映画版があれば観てみたいなぁと思っていたのですが、作者 Sarah Weeks のブログによると、映画化の話が進んでいる模様。
実現するといいな!



スポンサーサイト
2013.08.05 / Top↑
今年に入ってからすっかり多読ブログならぬ、ミュージカルブログと化していますが(汗)、今日もミュージカル関連の話題です。

サントリーホールで行われた『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2013』というコンサートに行ってきました!

出演は、石丸幹二さん、濱田めぐみさん、笹本玲奈さん、田代万里生さん。
特別ゲストに、ラミン・カリムルー!!
オーケストラは読売日本交響楽団、 指揮は円光寺雅彦さん。

ラミンさんの生歌がこの耳で聴けるなんて夢みたい。日本の4人のみなさんも、さすがトップの方々は聴かせます。ミュージカル・ナンバーをたっぷりと楽しむができ、大満足の一日でした。

ラミンさんが出演すると知って申し込んだ先行抽選予約。当選したのは舞台後方のPブロック。音響的にけっしていいとはいえない席だったのはちょっと残念でしたが、指揮の円光寺雅彦さんの表情がよくうかがえ、オケの迫力を堪能しました。

ラミンさんが登場したときは、もう信じられない気持ち!ほんとに、あのラミンが、十数メートルの距離に立ってるんだぁ~~!体から光を発するかのような(自然発光体?)オーラがものすごいです。燦然と輝いて見えるんですもの。

ラミンさんはゲストなので歌は少ないのでは、と思っていましたが、アンコール含め4曲を歌ってくれました。

まずはCD『Ramin』に日本盤ボーナス・トラックとして入っている『I Dreamde a Dream』から。
レミゼの中の1曲とは趣が違って、やわらかで、そばでラブソングを歌われているみたいな気がします。包み込まれるような優しさがあって素敵でした。

2曲目は、笹本玲奈さんとのデュエットで、ミス・サイゴンから『Last Night of the World』。これはすごくうれしい!笹本さんのキムは昨年観ましたが、とてもよかったのですよね。そしてラミン・クリスとはぴったり息が合っていて、完全に二人の世界でした。

Pブロックだと私の席からはラミンの背中しか見えないじゃない・・・と思っていたのに、ラミンさん、デュエットになると横を向き、笹本さんをじっと見つめて歌うのです。めちゃくちゃ熱い!私もラミンの横顔をじっと見つめることに。

最後はラミンさん、笹本さんの手に優しくキス。1曲だけで舞台は『ミス・サイゴン』の世界に成り変っていました。

第二部では、期待していたファントム!
オペラ座の怪人Overtureの迫力の生オケ。そしてラミンさん再び登場!

『Music of the Night』!!
素晴らしかったです!サントリーホールをラミンさんの歌声がすっぽり覆ってしまった瞬間、誰もがオペラ座の地下に降りてしまったようでした。もう、ほんとに、ゾクゾクきました。

そしてアンコールでまさかの再々登場!
濱田さんとのデュエットで、『All I Ask of You』!!
ラミンさんのラウルが聴けるなんて~~~!
これまたうっとり素敵~~。
もうなんだか、一瞬ですっかりラウルに感情移入してしまい、なんでも許してあげたくなりそうな気分でした。

ここでも濱田さんをじっと見つめて歌うラミンさん。濱田さんは歌詞が英語だったせいもあるのでしょうか?譜面を見て歌われていました。
そんな!もったいないよ!私が代わりに歌いたかった!(←違う)

日本のみなさんも素晴らしかったです。
濱田さんの『Defying Gravity』は圧巻!拍手がものすごかったです。これは機会があったら是非また聴きたいものです。

笹本さんの『On My Own』も哀切な情感がこもっていて、涙が出そうになりました。笹本さんのエポニーヌは何度か観ていて好きでしたが、今年のレミゼの舞台ではさらに素敵なエポに会えそう!楽しみです。

ラミンさんに次に会えるのは6月の『4Stars』。
シエラとは何をデュエットしてくれるかな?

ラミンラミン
(2013/01/09)
ラミン・カリムルー



2013.02.02 / Top↑
すっかり間が空いてしまいましたが、レ・ミゼラブル感想の続きを。

映画館に何度もレミゼを観に行くのは、実はアンジョルラスと学生たちを、そして舞台版にはない設定の敵軍の隊長を観たいから、というのがいちばん大きな理由かもしれません。

学生たち部分は元のミュージカル版から随分カットされちゃいましたけど、それでも濃密なドラマが流れていると思うんですよね。

では、今日はアンジョルラスについて。以下【ネタバレあり】です。
... 続きを読む
2013.01.23 / Top↑
エディ・レッドメインの『カフェソング』について書いたついでと言ってはなんですが、レ・ミゼラブル25周年記念コンサートのこの動画、1:00以降の学生たちの幻影が大好きなんですよね。



http://www.youtube.com/watch?v=Xta_tIZOXVU&feature=player_embedded

以下、映画レミゼについての【ネタバレあり】です。
... 続きを読む
2013.01.16 / Top↑
マリウスは、私にとってこれまでどうでもいいというか、とりたてて興味のわかないキャラだったんです。みんなが革命に身を投じようって時に、自分だけ恋の腑抜けになってウジウジしてるしさ。エポの気持ちには全く気がつかないくせに残酷なまでに優しいし!だけどだけど、演じる人によってこうまで人物像が変わるなんて・・・。

エディ・レッドメインのマリウスは最高でした!こんなマリウスがいるなんて!!


以下、【ネタバレあり】ですのでご注意ください。
... 続きを読む
2013.01.16 / Top↑
レ・ミゼラブルの中で、私が2番目に好きなキャラクターがエポニーヌです。演じたのは、WEでエポニーヌを演じ、レ・ミゼラブル25周年記念コンサートでも同役に抜擢されたサマンサ・バークス。ミュージカルファン以外には無名でしたが、レミゼはこの映画が初めてという人にも強烈な印象を残したようです。

噂されていたビッグネームの人たちを抑えての大抜擢。エポがサマンサちゃんでほんとうによかった!渾身の演技でした。


以下、【ネタバレあり】です。
... 続きを読む
2013.01.15 / Top↑
映画『レ・ミゼラブル』について、思ったことをピンポイントで書いていきます。でもきっと、読書感想文の書き方知らない小学生が書く、ダメダメ感想文の見本になりそうな予感が(汗)。すみません。しばらくお付き合いください。

以下、完全に【ネタバレあり】ですので、映画を観ていない方は読まないでくださいね。
... 続きを読む
2013.01.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。