FC2ブログ
今月、ミュージカル「コーラスライン」の来日公演を赤坂ACTシアターに観に行ってきました。

ブロードウェイの舞台を原案としたマイケル・ダグラス主演の映画は、20数年前に大ヒットしましたね。


コーラスライン 【バリュー・プライス:「イースター・ラビットのキャンディー工場」劇場公開記念】 [DVD]コーラスライン 【バリュー・プライス:「イースター・ラビットのキャンディー工場」劇場公開記念】 [DVD]
(2011/08/03)
マイケル・ダグラス、アリソン・リード 他

商品詳細を見る

まぁ「ブロードウェイ・ミュージカル」と銘打ってはいても、ツアーカンパニーですから、あまり期待はしていなかったんです。ブロードウェイのキャストがそのまま来るわけじゃないですし。

それが、予想以上によかった!!

ミュージカルと映画では、当然違う点は多々あるわけです。
映画版は、マイケル・ダグラス演じる演出家のザックと、ザックの元恋人でダンサーのキャシーとの葛藤に、かなり焦点が当てられていました。

で、What I did for love という曲をキャシーがソロで切々と歌う。
ラブソングです。
映画を観たときは、あまり心に響いてこなかった。

ところが舞台版では、オーディション受験者の一人ダイアナがまずソロで歌い、そのあとダンサー全員の合唱になるのです。

断然こっちの方がいい!!

舞台に立ち続けるために、苦しみに耐え、涙をこらえ、骨身を削る努力を重ねてきた一人一人のダンサーたちの思いが、この歌で一気に溢れ出すんです。

夢をかなえるために、ひたすら踊ってきたのだと。
たとえ踊れなくなったとしても、これまでの道のりになんら悔いはないのだと。

全員で歌ってこそ、歌詞が意味を持ち、そのあとのオーディション合格者の発表場面につながるというもの!
涙してしまいましたよ。
あ~、やっぱりこれはオリジナルの勝ちだわー。

今回のキャストによる舞台の様子は、こちらで見ることができます。

スポンサーサイト



2011.08.31 / Top↑
gleeの魅力は、なんといってもその楽曲の良さとグリー部によるパフォーマンスです!

このエピソードのこのシチュエーションで、この心情を表わすにピッタリの曲を、よくぞこれだけ持ってくるもんだ!と感心することしきり。ストーリーが先か曲が先か?というくらいはまってます。
しかも名曲揃い!というか、それほどいいと思っていなかった曲も、glee の中で歌われるとグッとくるんですよねー。

ドラマの中のパフォーマンスだけを集めたブルーレイも持ってます。
インポートものを買っちゃったけど、もうすぐそれより安い日本版が出るみたいですね。

glee/グリー アンコール ベスト・パフォーマンス [Blu-ray]glee/グリー アンコール ベスト・パフォーマンス [Blu-ray]
(2011/09/23)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る


サントラのCDは、5枚分をiPodに入れてます。
こちらは1枚目。

Glee: The Music 1Glee: The Music 1
(2009/12/15)
Various Artists

商品詳細を見る

サントラは、音だけ聴いてももひとつなんじゃ?やっぱりダンスがないと~、なんて思っていたのですが、そんなことはなかった!

New Directions(グリー部)の歌唱はやはり素晴らしい!!

歌だけで聴くと、New Directions がオリジナルにひけをとらない魅力を持つのは、メルセデスのバックコーラスによるところが大きいのがよくわかります。メルセデスのソウルフルな歌唱があってこそのアレンジなんじゃないでしょうか?

レイチェルとフィンのデュエットもハーモニーが素敵。

ところで、gleeでは「えー、この人まで!」ってくらいあの人もこの人も歌ってるんですが、あの校長先生もそのうち踊ったりしちゃうんでしょうか?

2011.08.30 / Top↑
ここ数ヶ月、gleek 仲間を増やすべく、会う人ごとに「glee、観てる?」
と聞きまくり、薦めまくってしまいました。

ハイスクールもののミュージカルコメディ。
ドラマとしては突っ込みどころ満載で、「いきなりその展開かいっ!」
な部分いっぱいなのですが、そう思ったのは最初だけ。
今やそれが glee の魅力にすら思えてきました(笑)

基本的に、海外ドラマはレンタルで観ているのですが、シーズン1最終話を
観終わってしまうと、「明日から何を楽しみに生きていけばいいの…。」
という寂しさに襲われ……。

こうなったら買うしかないっ!

glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]
(2011/01/07)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る


glee/グリー DVDコレクターズBOXglee/グリー DVDコレクターズBOX
(2011/02/04)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る

上の2セットで、シーズン1の1話~最終話が揃います。

キャストによる英語の聞き取りやすさ(聞き取りにくさ?)は、こんな感じでしょうか。
シュー先生、一番わかりやすい。
レイチェル、早口。
フィンとパック、もごもご何言ってるかわかんない。もっと口大きく開けろ!
メルセデス、クリアな発音でしゃべりもゆっくりめ。
スー先生、発音はクリアだけど、big words が多くて意味不明なこと多々あり。

このあたりのドラマがもちょっと聞けるようになりたいぞ!
2011.08.28 / Top↑
今年の5月に、ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観ました。
初演を観て以来、なんと24年ぶりのレミゼ!
あーーー、この舞台を四半世紀も観ずにいたなんて、いったい私は何をしてたんだっ!!
人生損したぞっ!!

それ以降、プチ・レミオタになってしまいました。
舞台は6月の千秋楽までに計3回観に行き、さまざまなバージョンのCDを聴き、NHKで放映していた25周年記念コンサートの模様は、もちろん録画しましたとも!

それでも飽き足らず買ってしまったのが、1995年に、初演から10周年を記念してロンドンで行われたコンサート Les Misérables: The Dream Cast in Concert のDVDです。
こちらはリージョン1の輸入版ですが。

Les Miserables: 10th Anniversary Concert [DVD] [Import]Les Miserables: 10th Anniversary Concert [DVD] [Import]
(2008/02/19)
John Caird、Alain Boublil 他

商品詳細を見る


コンサートといえど、ただ歌うだけじゃありません。
どの俳優さんも役になりきり、演じきっています。
その迫力に圧倒され、レミゼの世界に入り込んでしまいます!

あぁ、、、いつかはロンドンのウエスト・エンドに行って、本場の舞台を観たいものです。

2011.08.28 / Top↑