FC2ブログ
本を読むってしあわせ~。

こんな気分にさせてくれたのが、"When You Reach Me" by Rebecca Stead でした。2010年ニューベリー賞受賞作です。

When You Reach Me (Yearling Newbery)When You Reach Me (Yearling Newbery)
(2010/12/28)
Rebecca Stead

商品詳細を見る

12歳の Miranda はニューヨークで母と二人暮らし。母に、テレビのクイズ番組出演応募の当選ハガキが届きます。録画撮りの日にちは1979年4月27日。去年、Miranda に届いた差出人不明のメモに書いてあったとおりのことが現実に。

Miranda に届いた謎のメッセージの内容が、少しずつ明らかになります。
「きみの友だちと、自分の命を救いに行く。」とはどういうことなのか?
一体誰が、何のために書いたメモなのか?

ミステリーをからませながら Miranda が語るのは、どこにでもある12歳の日常です。ニューヨークという危険と隣り合わせの街。突然口もきいてくれなくなった親友。新しい友だち。いざこざもある学校生活。奇妙なアルバイト。ほのかな初恋。繊細な子どもの心情が、淡々とした筆致で綴られます。

いくつもの謎が Miranda の日常にパズルのようにぴたりとはまり、終盤は一気に話が展開。ちょっぴり切なくハートウォーミングなラスト。

結末を知った上で、もう一度最初から読み直したい!!
こう思わせてくれる本はめったにありません。

ミステリーを盛り込みながら少女の成長を描き、読後感は爽やか。
Sharon Creech が好きな方にはかなりお勧めです!

実はこの作品、『本の本』でもあります。

この中で、Miranda の愛読書として頻繁に登場するのが、1963年のニューベリー賞受賞作 Madeleine L'Engle 著の"A Wrinkle in Time" です。

物語の中で重要なファクターになっているのですが、この作品については
次の記事で書くことにします。

スポンサーサイト



2011.09.30 / Top↑
児童書、それもファンタジーにぐぐっと気持ちが傾いている今日この頃。
Kindleにサンプルで持ってたこの本を読みました。

The Graveyard BookThe Graveyard Book
(2010/09/28)
Neil Gaiman

商品詳細を見る

おもしろかったー!不思議な魅力の作品でした。

ある一家が殺害され、よちよち歩きの赤ん坊だけが魔の手を逃れ墓場に迷い込みます。赤ん坊を見つけたのは墓場の住人、つまり死者たち。彼らは赤ん坊をNobody Owens(Bod) と名付け、手塩にかけて育てるのです。

死者たちは Bod のために食料を調達し、読み書きを初めとする教育を授けます。墓場で経験するホラー風味の冒険。同世代の人間の女の子や魔女の幽霊との交流。成長するにつれ外の世界に興味を示し、危険に遭遇したり苦い思いをしたり。

子どもが大人になる道程でのさまざまな試練。チャプターごとに小さいエピソードを積み重ねながら、Bod の成長が描かれます。

ときおりちらつく暗殺者の影。
なぜ Bod の家族は殺されなければならなかったのか?

やがてそれまでのエピソードが収斂し、ラストへ。

最後はもう泣かせてくれるんです、これが!
セリフの一言一言に、うん、うん、そうだよね、そうなんだよね、と頷きながら読んでしまいました。部分的にはやや不満もあるのですが、それを補ってあまりあるラストです。

この作品、死者たちのキャラクターがとても魅力的です。一人ひとりがくっきりとした造形を持っていて、みな心優しく愛情溢れる人物ばかり。特に守り人の Silas がいい!

Bod につかず離れず、必要なときにはそばにいて、必要以上のことは口にしない。こんな大人がまわりにいれば、子どもは幸せですね~。

2009年ニューベリー賞、2010年カーネギー賞受賞作。


2011.09.25 / Top↑
オマエは glee を語りたいがためにブログを作ったのか?
というくらい、また glee ネタですみません。

「glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー」初日に行ってまいりました!
きっかけを作ってくれたお友達に感謝です!

glee熱がまたあがってしまいました。
DVDで観ているものとしては、シーズン2発売までの禁断症状が辛い・・・。

そうです。
シーズン1しか観てないので、シーズン2で出てくるウォーブラーズも
ブレインも知りませんでした。
でも、今日 crush! でした!あの彼に。

映画未見の方にはネタバレになるので、ここから先はワンクッションおきますね。

... 続きを読む
2011.09.23 / Top↑
ミュージカル「オペラ座の怪人」の25周年記念公演が、10月1日と2日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われます。

その映像が、日本では10月21日(金)から映画館で上映されるのですね。
遅ればせながら今日知りました。
やったーーー!!

映画公式サイトはこちらです。

しかも!
ファントム役は、レ・ミゼラブル25周年コンサートでアンジョルラスをやったラミーン・カリムルー!!この人、まばゆいばかりのオーラを放つんです。ファントムの仮面を取ってほしいくらい(笑)。

レ・ミゼラブル25thコンサートの上映は見逃してしまったので、これは絶対観に行きますよー。

amazonではCDがすでに予約受付中になってます。

Phantom of the Opera at the Royal Albert HallPhantom of the Opera at the Royal Albert Hall
(2011/11/22)
Andrew Lloyd Webber

商品詳細を見る

DVD、ブルーレイも出るようで期待がふくらみます!

こうなったら劇団四季のも観にいっちゃおうかなー?
あぁ、、、こうしてますますミュージカルビンボーの道をひた走るのですね、ワタシ。


2011.09.20 / Top↑
キャメロン・マッキントッシュ製作のミュージカル「レ・ミゼラブル」が、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督によって映画化されるというニュースは、レミゼ・ファンにとってとても気になるところです。

少し前に主役のジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマンが決定し、ん?だいぶイメージ違うけど?と思ったものの、この方、ブロードウェイ・ミュージカルでトニー賞主演男優賞を受賞していると知って納得!
歌の実力は間違いなさそう。よかったー。

バルジャンを追い続けるジャベールには、ラッセル・クロウが決まったようですね。

ん?これまたイメージ違うけど?

確かに「グラディエーター」のラッセル・クロウは渋かった。
でもジャベールって、ストイックで冷徹で、脆くて繊細で、ビジュアル的にも面長で、鷲のような鋭い眼、シャープな頬、という印象なんですけど。

第一歌えるのか?というのが一番問題!

wikiを見ると、ラッセル・クロウってバンドやってるんですね。
Variety の記事によると、それがキャスティングの決め手になった模様。
どんな歌い方するんだろうなー?
思い切りシャウトしそうなイメージなんだけど(笑)。

あとのキャストも、いろんな人の名前が噂されているようです。
ファンティーヌもエポニーヌもアンジョルラスもテナルディエも、どんなキャスティングになるのかドキドキ。
「マンマ・ミーア」みたいに、もっと歌える人をつかおうよ・・・
てなことだけにはなりませんように!

映画「レ・ミゼラブル」2012年12月公開です。

2011.09.20 / Top↑
最近ミュージカルづいてまして、古い映画を思い出し観たくなりました。
The Blues Brothers です。

ブルース・ブラザース [DVD]ブルース・ブラザース [DVD]
(2006/04/01)
ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド 他

商品詳細を見る

サントラのCDは大好きでよく聴いていたのですが、
映画の方は20年ぶりくらいかな?

ジェイクとエルウッドの兄弟が、自分たちの育った孤児院の存亡の危機を救うため、5000$を稼ごうとR&Bバンドの再結成にこぎつける爆笑ものミュージカル・コメディ。ハチャメチャな展開が魅力のエンタテインメントの傑作です。

「ブルース・ブラザーズ・バンド」の演奏が楽しめるのはもちろん、なにがスゴイって、兄弟の行く先々でブルースやR&B、ソウルの大御所たちが現われ、惜しげもなくパワフルな歌を聞かせ、ど迫力のパフォーマンスを見せるのです!

牧師のジェームズ・ブラウンが教会でゴスペルをシャウトしまくり、
礼拝参列者たちも神がかったように狂喜乱舞!!
聖歌隊にはチャカ・カーン!
啓示(?)を受けて一緒に踊りだすジェイクとエルウッド。

楽器店店主のレイ・チャールズが Shake it out! とやれば、
これまたジェイクとエルウッドがノリノリでシェイクし始め、
街頭の人たちのコミカルな群舞に発展!

アレサ・フランクリンは食堂のオバチャンに扮し、バンドに誘われた
亭主に向かって「アタシを捨てるつもり? よく考えな!」
と Think をソウルフルに歌い上げる。
……よくこのオバチャンを捨てて出て行けたもんだ。

キャブ・キャロウェイはステージで Minnie the Moocher を披露。
この玄人っぽさがたまらない!

とにかく全編パワー炸裂です!

今回観て気がついたのは、アレサ・フランクリンと
ジェームズ・ブラウンの英語のリズムが半端ないこと!

アレサ・フランクリンなんて、食堂でフライドチキンの注文を受けて、
chicken wings or chicken legs? なんて言うだけでも英語が弾んでる!

ジェイクやエルウッドの英語とは明らかに違います。
これは、役柄なのか、アレサだからなのか、それとも
アフリカン・アメリカンの人たち特有なのか。

シャドーイングしてもマネできないな~と聞き惚れてました。

監督は、マイケル・ジャクソンの「スリラー」を撮った
ジョン・ランディスです。


2011.09.15 / Top↑
knock knock jokes のネタを探していて、Youtubeでおもしろいものを見つけました。
こちら↓をご覧ください。
Ted E Bare's First Knock Knock Joke

腹話術のショーです。
キャラクターは Ted E. Bare というテディベア。

この見事な天然ぶり!
笑える~~~!!
なごむ~!

この David Strassman という腹話術師、有名な方のようで動画がたくさん!
しばらく楽しめそうです~♪
2011.09.07 / Top↑