FC2ブログ
どうもご無沙汰しておりました。

トップに広告が出てくるの、うっとうしいですね~(汗)。来てくださっていた方には、毎度お見苦しかったことをお詫びします。
大晦日の今日になって、とりあえずなんか書かなきゃなぁ~と焦っております。

今年はあまり読書はすすみませんでしたが、たくさんの多読仲間の方々と交流があり、楽しい一年でした。そんなtadoku生活の中で特に印象に残ったあれこれをあげてみます。

【洋書】
 "Jane Eyre" by Charlotte Bronte    
 "The Girl Who Played With Fire" by Stieg Larsson

【Audible】
 "A Monster Calls" Narrated by Jason Isaacs
 "The Hobbit" Narrated by Rob Inglis

【海外ドラマ】
 Sherlock

【映画】
 アルゴ
 007 スカイフォール
 レ・ミゼラブル

映画『ホビット 思いがけない冒険』を観る前に『The Hobbit』の再読をしましたが、オーディオブックの朗読が素晴らしく、繰り返し聴いています。『The Lord of the Rings』の朗読もしているRob Inglisさんがナレーターです。

ドラマ『Sherlock』でベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンという才能あふれる俳優さんたちの存在を知ったのは幸運でした。この二人を追いかけることで、映画やドラマの視聴の幅がぐーんと広がりそうです。

観た映画は数少ないですが、上にあげた以外にも『ヒューゴの不思議な発明』『ホビット』も3Dならではの映像表現で、もう一度映画館で観たいと思う作品です。

そして『レ・ミゼラブル』

ミュージカルのレミゼが映画化されると知ったときから、ずっとずっと楽しみにしていました。公開2日目の12月22日に観に行きましたが、それ以来私の頭の中はレミゼ一色です!感想を書きたくても言葉が見つからないほど、心揺さぶられる作品でした。

何もかもひっくるめた今年のベスト1は、『レ・ミゼラブル』!

よくぞここまで作り上げてくれたなぁと、トム・フーパー監督、サー・キャメロン・マッキントッシュに感謝したいです。

今は毎日、10周年、25周年記念コンサートのDVD/BDを観たり、映画のサントラCDを聴いています。『レ・ミゼラブル』は、今後もできる限り観に行こうと思っていますので、感想はまた記事にする予定です。

よかった本や映画について、多読仲間のみなさまと語り合え、楽しさやハッピーな気持ちを共有でき、さらに喜びを大きなものにできたことに感謝いたします。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!


Les Miserables: 10th Anniversary Concert [DVD] [Import]Les Miserables: 10th Anniversary Concert [DVD] [Import]
(2008/02/19)
John Caird、Alain Boublil 他



レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [Blu-ray]レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [Blu-ray]
(2012/12/05)
アルフィー・ボー、ノーム・ルイス 他



Les MiserablesLes Miserables
(2012/12/21)
Soundtrack



スポンサーサイト



2012.12.31 / Top↑