FC2ブログ
ごぶさたしています。

あ~~広告って、ほんとうっとうしいですねー。
ここらでちょっと重い腰をあげて、ブログ更新しまーす。

素敵な本を読みました。
みんなに読んで読んでー!と勧めたくなる本。


So B. ItSo B. It
(2005/10/04)
Sarah Weeks



41,751語
★★★★★

12歳の少女 Heidi は、母と二人暮らし。
脳に障害のある母が話せるのは、たった23の言葉だけ。
隣に住む外出恐怖症のおばさんに助けてもらいながら、二人は生活している。

父親は名前すらわからない。
それどころか、母の過去も自分の誕生日も、どこで生まれたのかさえもわからない。

"Who am I?"
おかあさんにはどういうヒストリーがあるの?
わたしは誰なの?

そんな葛藤を抱えていたある日、Heidiは家で、真実を探る鍵になるものを見つける。
自分のルーツと、母の言葉の中でたった一つ意味のわからない"soof"の正体を求めて、Heidiは旅に出る。


audibleのナレーターが"Because of Winn-Dixie" の Cherry Jones さんだったので、聞き読みすることにしました。
audible音源はこちら

朗読が素晴らしかったこともあって、最初からぐっと引き込まれました。

主人公の Heidi がとてもいいんだなぁ。
勇気と行動力があって純粋、そしてとても賢い。

性格がストレートなので、こっちもドキドキハラハラ。Heidiと同じ気持ちになり真実を求めて、先へ先へとページを送る手が止まりません。

涙腺決壊ポイントというのがいくつかあるのですけど、最後はもう胸がきゅーんとなって、微笑みとともに涙が溢れてくるんです。

切なさと温かさと優しさがぎゅっと詰まった一冊。



読みながら、この映画版があれば観てみたいなぁと思っていたのですが、作者 Sarah Weeks のブログによると、映画化の話が進んでいる模様。
実現するといいな!



2013.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://snowballcafe.blog.fc2.com/tb.php/103-f54d7f25